「原因」と「結果」の法則2

(The Path to Prosperity)
「原因」と「結果」の法則2
坂本 貢一
本体価格:¥1400/5%税込:¥1470
単行本: 164 p
出版社: サンマーク出版
ISBN: 4763195557
2004年01月08日
アマゾンで購入

目次
「悪いこと」という名のレッスン
世界は心の投影
「悪いこと」からの脱出
思いの静かなエネルギー
健康、成功、パワーの秘訣
大いなる幸せの秘訣
繁栄の実現



アレンの初の著書『From Poverty to Power』の前半部分『The Path to Prosperity』の完訳。

参考
 ⇒『考えるヒント 生きるヒント〈2〉成功・豊かさへの道を歩くための唯一の「法則」』

2004年1月 8日01:56| 記事内容分類:2. 坂本貢一さん訳| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/883

コメント(2)

全市民にプレゼントしたい本ですね。
しあわせになるために必要なことが
ずばり書かれています。

みんなが幸せになれる街づくりには
この「原因と結果の法則」が役に立ちます。

個人個人のエゴはあると思いますが、
手を取り合って楽しく生活していきたいですね。

アレンは、すごく変わった考え方なのか?すごく普通の考え方なのか?むしろ後者と思います。しかし何故か一般受けしません。数少ない私の大切な人達に紹介するんですが届きません。その事が残念でなりません。受け入れるための何かが必要?それが、その人となりなんでしょうか?受け止められさえすればずいぶん感激されそうに思うのは、一人合点なんです。恐らくその前提になる。学習すべき事柄があるのでしょう。それが何かもわかりません。ただ残念で仕方ありません。アレンは言います。人に何も求めるなと貴方が解った事を黙って行いなさいと。わかり難い世の中で、こんなに明快な答えがこんな身近にあると言うのに。学校でしっかりと教えておいて欲しかった。今からでも私が政治家、教育者だったらイヤ一市民であっても、子供たちにそういう人になって欲しいと言う思いを、強く訴えるぞ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年1月 8日 01:56に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、2. 坂本貢一さん訳をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「自分が変わればまわりが変わる/ジェームズ・アレンの運命を変える心の習慣」です。

次のブログ記事は「「すべて、思いのまま!」7つの黄金法則」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。