ジェームズ・アレン・ネット

『「意志」と「人生」の法則』の翻訳事情

2004年03月15日

この本の翻訳そのものについての裏話を少し。


 今回の本は、ジェームズ・アレンの本の内容を正確に伝えることを第一としました。「思い」ではなく「思考」という訳語を選んだことなどはその一例です。しかし、「アレンの言葉をそのまま日本語に置き換える」という意味での正確さは一部犠牲にしたところがあります。
 例えば、「1ドル」を「1万円」としたことなどは典型的な例でしょう。なんでイギリスなのにドルなのか、とか説明し始めるとキリがありませんし、「それ相応の金を払って」という趣旨には変わりがないので、現代日本人の感覚に合わせたわけです。
 また、100年前の英国人にとっては当たり前の社会状況についても、現代人には当てはまらないところがいくつかありました。これは原意を損ねない範囲で表現を改めています。

 アレンの考えていることそのものが非常に高度な内容です。しかも、時代と場所を隔てた21世紀の日本人にその真髄をわかりやすくしようとするのは、非常に大変な作業でありました。


written by 松永英明 | この記事へのリンクURL[コラム&お知らせ]

ご意見・ご感想

※必ずしも回答できるとは限りません。また、管理人の一存により削除・修正することがあります。

ご意見・ご感想を投稿する




上記の情報を保存しますか?